芭蕉の湯のお湯(蜂の巣温泉)の魅力

最近、「芭蕉の湯」の館内のイベント企画の情報発信が多かったので、今日は、「芭蕉の湯」の温泉成分の特色をご紹介してみたいと思います。

「芭蕉の湯」の温泉は、低張性中性冷鉱泉。低張性とは、温泉の浸透圧を言っています。

人間の細胞液と同じ浸透圧を持つ液体を等張液と言うそうですが、それよりも濃度が低いということになります。

反対に、「高張性」の温泉だと温泉の成分が体内に入りやすく、湯あたりやのぼせが起きやすくなるとも言われています。

で、芭蕉の湯は「低張性」・・・『なぁ~んだ』と思わないでくださいね!(笑)

確かに温泉成分が体内に入りやすいという点では「高張性」に負けてしまうかもしれませんが、反対に湯あたりやのぼせをそれほど気にせずに気軽に入れる温泉とも言えるのです。

さらに、温泉成分では、「メタけい酸」の成分が88㎎以上あると分析されています。メタけい酸は、天然の保湿成分で、『お肌の新陳代謝を促進してつるつるにしてくれる美肌のサポーター』とのご紹介も!100㎎を超えると「美肌の湯」とも言われ、「芭蕉の湯」では88㎎以上で、もうちょっと・・・(苦笑

また、「炭酸水素イオン」も53.5㎎含まれています。

先日、休館日の設備メンテナンスの際に、設備屋さんから「炭酸水素イオンが入っているんだね~」とのお話が・・・どうやらテレビで「炭酸水素イオン」の紹介があったようでした。

お客様からも、「体の火照りが続くんだよね~」という感想を頂くことが多いのですが、そんなところも、「芭蕉の湯」の特徴のひとつになっているのかなと思っています。

そして、広報担当者がお気に入りなのが、「自然湧出」。

こんこんと湧き出てくる冷鉱泉(約13.3℃)をボイラーで温めていますが、降雨・降雪状況などによって少し濁りが生じるなど、自然体な感じが気に入っています。

本日9月16日(日)は、9月の最初の連休の中日・・・お肌のメンテナンスや疲労回復に、ぜひ、お気軽にご利用くださいね!

皆様のお越しをスタッフ一同、心よりお待ちしております~。

ミニ銭湯絵の館内展示を始めました!

8月18日(土)に開催された芭蕉の湯プレゼンツvol.3『田中みずきさんのライブペイント&お絵かきワークショップ』の際に、田中みずきさんとちびっこたちに描いてもらったミニ銭湯絵2枚の館内展示を開始しました。

飾り枠を作成して、田中さんが描いた赤富士は、浴室脇の廊下へ展示。ちびっこたちに描いてもらったイラスト銭湯絵は、ロビーの壁上部に展示しております。

館内も華やか&賑やかになりました~芭蕉の湯にお越しの際は、ぜひ、ご覧になってみてくださいね!

芭蕉の湯では、今後も、温泉やお食事だけでなく、いろいろなお楽しみも提供していきたいと思っています。

ポイントカードのご登録をいただくと、イベントや割引サービスのご案内を優先してお届けいたします!

芭蕉の湯にお越しの際は、ぜひご登録してみてくださいね。入浴回数に応じた特典も付いているのでお楽しみいただけますよ~

 

河北新報に「田中みずきさんのライブペイント&お絵かきワークショップ」の記事が掲載されました

8月18日(土)に開催された芭蕉の湯プレゼンツvol.3『銭湯絵師・田中みずきさんのライプペイント&ワークショップ』のイベントの様子が河北新報に掲載されました。

当日はたくさんのちびっこたちに集まってもらい、田中さんにペンキの色の混ぜ方を教わりながら、夢中でミニ銭湯絵にイラストを描いていました。その様子が、掲載写真の様子になっています。

また、田中みずきさんにライブペイントで描いていただいた「赤富士」のミニ銭湯絵は、現在、館内展示に向けて準備を行っております。

9月7日(金)には、田中みずきさんの「赤富士のミニ銭湯絵」とちびっこたちに描いてもらった「イラストミニ銭湯絵」の館内への展示を開始します。

館内展示が正式に始まりましたら、Facebook・Twitter・instagramなどでもお知らせしてまいります。どうぞお楽しみに~!