芭蕉の湯の新型コロナウイルス対策

緊急事態宣言後、少しずつですが、感染者数が抑えられてきていますね。

なんとか、このまま状況が落ち着くことを願っています。

芭蕉の湯でも、昨年から、コロナ対策を実施し、夏には網戸を設置したり、

秋以降は、アルコールによる除菌体制の整備や大広間の衝立(ついたて)をアクリル板に改良したりと、コロナ対策に取り組んできたところです。

本日は、現在の芭蕉の湯のコロナ対策について、ご案内をしたいと思います。

少し長い文章になってしまいますが、お時間がございましたら、ぜひ、ご覧になってくださいね。m(._.)m

芭蕉の湯では、新型コロナウイルスの感染予防のため、以下の対策を実施しております。(

2021年1月26日現在)

《社員・スタッフ・受付》

================

●社員・スタッフは、マスク着用による接客対応を行っています。

●フロント受付においてアクリル板を設置し、飛沫感染を予防しています。

●フロント受付において非接触型体温計によるお客さまの検温を行っています。

●手指消毒用のアルコール消毒剤を設置しています。

●金銭などの受渡しは、原則トレーで行っております。

《温泉・浴室・脱衣所》

================

●当温泉は、次亜塩素(塩素)による温泉水の「消毒」(塩素濃度0.4~0.8mg/Lを目安)と「ろ過循環」による汚れ等の除去を行っています。

●1時間に約15~20分間の割合で源泉のかけ流し(補給)を行い、新しい温泉水の供給を行っています。

●大型換気扇(浴室内)の設置により、浴室・脱衣所において十分な換気を行っています。

●大型換気扇の設置のほか、外気吸入による換気システムを常時稼働させております。

●2時間に1回の割合で、「脱衣かご」「ロッカー」「ドライヤー」「水栓」「暖簾」へのアルコール消毒剤の噴霧と、浴槽の塩素濃度の測定調整を行っています。

《ソーシャルディスタンス・換気・空間除菌》

================

●大広間・ロビーの座席数を削減し、約1.8m~2m以上の間隔をお取りしています。

●各座席(テーブル)間においては、アクリル板の衝立を設置し、飛沫感染の防止に努めています。

●外気吸入による換気システムを常時稼働させております。

●大広間とロビーでは、超音波型加湿器を用いて弱酸性次亜塩素酸水の噴霧による空間除菌を行っています。

●施設の各窓には網戸を新設し、空気の滞留防止と一定時間ごとの換気(冬期間)を行っています。

《館内の除菌・消毒について》

================

●玄関入口の取手・下駄箱・ドア取手・自販機の押ボタン等は、2時間に1回の割合で、アルコール消毒剤による除菌消毒を行っています。

●テーブル・座布団・床・家具等については、随時、アルコール消毒剤による除菌消毒を行っています。

《ご入館の制限について》

================

●『発熱、咳、くしゃみ、全身痛などの症状がある方』・『体調がすぐれない方』につきましては、当館のご利用をお控えいただくよう周知しております。

●非接触型体温計による検温の結果、体温が37.3℃以上の方の入館をお断りさせていただいております。

ご不便やご迷惑をお掛けする場合もあると存じますが、

皆さまにおかれましても「手指の消毒」「手洗いの励行」「体調不良時の利用のお控え」につきまして、ご理解とご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

芭蕉の湯では、皆さまにより安心・安全に天然温泉をお楽しみいただけるよう

「塩素消毒」「ろ過循環」「一定時間ごとの源泉供給」による天然温泉の衛生管理の徹底をはじめ、

浴室・脱衣所・館内施設の「アルコール噴霧」「次亜塩素酸水の空間噴霧」による除菌消毒、

「外気吸入システムの常時稼働」「アクリル板衝立の設置」「窓の開放」による飛沫感染の防止など、

新型コロナウイルスの感染防止に取り組んでおります。

芭蕉の湯の温泉は、自然湧出の天然温泉で、身体が温まる成分の「炭酸水素イオン」を豊富(53.5㎎/L以上)に含み、湯冷めしにくく、身体の温まりが長く続く温泉です。

さらに、天然の保湿成分の「メタケイ酸」も多く含まれ(93㎎/L以上)、お肌がすべすべになるなど、美肌効果が高く、お肌にやさしい温泉です。

温泉は、体を温め免疫力の増進に役立つと言われております。

皆さまの日常のひとときに、健康の維持増進に、ぜひ芭蕉の湯をご活用いただければと存じます。

芭蕉の湯では、皆さまにより安心・安全にご利用いただけるよう、今後も新型コロナウイルス対策について取り組んでまいります。

引き続いてのご愛顧につきまして、どうぞよろしくお願い申し上げます。